FC2ブログ

木々とお話する会

 「脳を使わないでハートで自然を体験する」会です。(神奈川県及び東京)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

AquaEarth.Org 

自然エネルギーなどを考えるブログ、本ブログは
http://aqua-earth.org/blog/に移転となりました。

現在サイト引越し作業中ですが、今後ともよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

PAGE TOP

色々な電力会社があってもいいのでは 供給先のバラエティ 

みなさん、こんにちは。

震災後の原発騒ぎを振り返り思うことの一つに
「色々な電力会社があってもいいのでは」ということを感じています。

私の地域は神奈川ですが、管轄は「東京電力」
西は「関西電力」ですね。独占体制。

実現まで、もちろんコストの問題もあるとは思いますので時間が
かかるかもしれませんが、

東電などの独占体制が終了し、様々な一般の方々のアイディアも取り入れた
また、(将来的に)フリーエネルギーも取り入れた体制、
新しい電力の体制、選択肢ができれば、

もう少し健全で安全なエネルギーを国全体で使えるようになるのでは、という思案です。
私達も今まで、国にまかせっきりで電力の可能性について「意識」が行っていなかったかもしれません。



PAGE TOP

ヤマネ マコトさんの本 

先日、フリーエネルギーについて解りやすくご説明くださる、ヤマネ マコトさんの お茶会 に参加する機会をいただきました。


今まで世界で発表されている、フリーエネルギーをまとめて、解りやすく解説されている本です。
後半には、電子回路図も付いており、技術者の方をうならせる、素晴らしい本です。

フリーエネルギーの元は?→ ダークマター 現在暗黒エネルギーと呼ばれているものです。
上記の説明が、本の中に記載されています。

すべてのエネルギーは光子に集約されることには、とても納得します。

地球原初の始まりの時点で、地球構成の為に使われたエネルギーは 全て「光子」から始まると私は理解しています。

私にはとても難しいのですが、やはり、ニコラ・テスラさんのテスラコイル及び様々なテスラさんの開発された、フリーエネルギーは とても魅力的です。

リサ・ランドール教授についての話も勉強になりました。ありがとうございました。



PAGE TOP

自然エネルギーの普及のため、送電線の国有化しよう! 

自然エネルギーの普及のため、送電線の国有化:http://maketheheaven.com/japandream/

なぜ国有化なのか
日本の自然エネルギーの技術は世界トップレベル!なのになぜ

自然エネルギーの自給率が低かったか知っていますか?

その原因の一つが電気を家庭に送る送電線を電力会社の一企業が独占していたからです。
一企業が独占していると送電線は自由に使えません。

道路を一企業が独占しているのと同じだからです。
本来送電線は公共物で、自由利用の原則に基づくものです。
ところが一企業が独占所有しているために、
企業や都道府県、市区町村などが大量の電気を作ったとしても、
公正な価格で販売することができず、その結果、

一方に電気があるのに社会全体では、
電気が足りないという現状が生まれてしまうのです。

『送電線が国有化されたならば、どうなるでしょう?』

送電線が自由利用の原則に基づいて接続自由になると、
企業や都道府県、市区町村は独自で電気を創りはじめます。
その多くは地域の特性に基づいた自然エネルギーとなるでしょう。

世界では一般的に認められている自然エネルギーに対する
固定買取制度により、それらの発電主体は豊かになります。

そして国有化された送電線を使い、地域で作った電気を地域の人が使えるようになるのです。

東京の電気をまかなうために、新潟や福島や青森で電気を作っています。
しかし、その電気は東京に届くまでの距離が遠いため、送電ロスが多くなるだけでなく、
費用も多額にかかるようになってしまいます。


他:文字色
福島の子供達の疎開:http://www.foejapan.org/infomation/news/110610.html

PAGE TOP

福島県伊達市のウメから放射性セシウム、茨城の生茶葉がまた基準値超え 

福島県は28日、同県伊達市で26日に採取したウメから
食品衛生法の暫定規制値(1キロ当たり500ベクレル)を上回る
580ベクレルの放射性セシウムが検出されたと発表しました。

福島県は市に出荷の自粛を要請するとともに、
30日に対象を広げて再度検査を行う予定だそうです。
果樹から規制値を上回る放射性物質が検出されたのは初めてで、
ウメはまだ出荷期を迎える前で、市場には流通していないようです。
(時事ドットコムより)

土壌汚染、そのままで、食べ物を育てては、本当に危険です。

政府から土壌改善プロジェクトが大きく動き出すこと期待しています。

私達一般市民としても、何がしかのアクションは起こしていきたいと思います。

しかし、土壌改善は「大規模なプロジェクト」が必要なことです。
まず、政府、各自治体で動いていかなければいけないでしょう。
大規模改善は大きな原動力が必要です。

他、 茨城県で27日、県内2町で採取した生茶葉から、
暫定基準値(1キログラム当たり500ベクレル)を超える放射性セシウム
を検出したと発表がありました。
茨城町:810ベクレル
城里町:730ベクレル。
採取はいずれも26日だそうです。

PAGE TOP

最新記事

カテゴリ

プロフィール

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。